不動産の売買時に発生する手数料について

仲介手数料とは一体何かについて

不動産の売買には知識も必要であり、素人が行うとリスクもかなり高く、後々トラブルに発展してしまう可能性も高いことから、不動産業者に依頼して仲介してもらうことが基本となります。その際に気になることといえば、業者に支払うことになる仲介手数料ではないでしょうか仲介を担当してくれた業者に対して支払う成功報酬であり、売買契約が成立したときに支払うものとなっています。いくらなのかという点は、物件による違いもありますが業者による違いも大きいので、複数を比較してから依頼先を選ぶことが必須となってきます。

金額に関する上限は決められている

いくら必要になるのかということが物件や業者によって違いがあると入っても、法律にやって上限額は決められており、それを超える金額を請求することは違法となっています。基本的には上限額いっぱいまで上げている業者が多いことから、金額に関してそれほど大きな違いがないケースが大半ということが現状です。しかし他社との比較化のために、安く設定している業者があることも事実です。高額が動くことということもあり、少しの違いがかなり大きな金額の違いにつながることもあるので、よく比較すると同時に交渉もしてみるようにしましょう。中には交渉されることを前提として、上限額ギリギリに設定しているところもあり、珍しくはありません。

支払うタイミングもしっかり決めておく

成功報酬ということもあり、原則として売買契約が成立した場合に請求権が発生することになりますが、その際に気をつけておかなくてはならないのが支払うタイミングはいつかという点です。契約が成立した瞬間に仲介手数料を支払うというイメージがありますが、そう決まっているわけではありません。一般的にこの時点では、まだ不動産の引渡まで完了していない場合が多叶っているということも関係しています。どのタイミングであたくら支払うのかという問題はトラブルにもなりがちなポイントとなっているので、依頼する時点で話し合っておくようにしましょう。もちろんそれ以外に発生する手数料にはどんなものがあるのかということも確認しておかなくてはなりません。大きな金額が関係してくることであり、金銭面でのトラブルも起こりやすい時代だからこそ、不動産会社も慎重に選んでおき、信頼できて安心して任せることができる人が担当してくれるのかにも注目しておきましょう。