不動産売買に見る仲介販売のメリット

柔軟性の高さも仲介販売の優れた魅力

所有不動産の売り方として、仲介販売は不動産の売買でもスタンダードな方法で、これは不動産業者が売主と買主の間に立ち、売却を進めるスタイルです。そのため初めて家を売る場合でも、業者のサポートが得られるので安心して取り組めます。媒介と言われることもありますが、呼び名が違うだけで意味は同じです。そして販売開始前に物件の査定が行われ、売り出し価格を決めます。ただし業者へ直接売却する買取査定と違い、この販売スタイルの査定額は、あくまで目安となるのが特徴です。つまり絶対的な金額ではありませんから、ある程度売主の希望を販売価格に上乗せできます。これにより最初は強気な値段で売り出し、売れなければ途中で価格を下げるなど、柔軟な売り方が可能です。あるいは何らかの事情から早急に売りたい時は、あえて低めの価格で売り出し、買主を早く見付けることもできるのです。

不動産売買で売主側から見た利点

この売却方法のメリットは、買取方式より総じて高く売れることです。買取の場合、業者は買い上げた後、中古物件として売り出すためにクリーニングを行ったり、手直しをします。それには費用が掛かりますので、必然的に買取価格も低くなるといった具合いです。ところが媒介ならそれがないため、多少値下げをしても、買取より高く売れるチャンスがある訳です。そして、売主と仲介契約を交わした業者は、実店舗をはじめ、新聞広告やポータルサイトなどを駆使して、物件の告知や売却に努めてくれます。グループ会社などの全国ネットワークに載ることもありますので、手広くPRしてくれるのが強みです。契約方法には3パターンありますが、複数の業者と契約するつもりがないのなら、専属専任媒介契約を検討するのが良いと思います。これは1社としか契約ができず、自分で買主を見付けた場合でも業者を介して売買する必要があります。ですがその反面、最も手厚いサポートを受けられますので、積極的に売りたい時にはピッタリな契約方法です。

買主側にも嬉しいポイントがいっぱい

一方、買主側から仲介物件を見た場合ですと、購入条件や金額交渉を、業者に代行してもらえるといったメリットがあります。また、売主側の判断や状況などによりましては、ある程度の値引きを期待できるのも大きな魅力と言えるでしょう。そのほか、新築の媒介ですと、他社物件を色々案内してもらえるのが利点になります。自社物件だけでは数が限られますので、より多くの選択肢の中から購入物件を選びたい時には欠かせません。その際、物件に関する中立的なアドバイスを受けられるのも、嬉しいポイントと言えます。